研修講師.com
​教育ICTコンサルタント

池 幸司

​こいけ こうじ

■ プロフィール

1999年に進学塾の「俊英館」に入社。およそ5年の講師経験を経て同社マーケティンク部の部長に就任。主にプロモーションや広報全般、IT・システム管理を統括している。2011年には他の学習塾に先駆けてiPadを一斉授業に導入。以来、教育ICTコンサルタントとして、教育現場におけるiPad導入事例やノウハウを講演や執筆活動を通じて発信している。2013年4月には、教育ICTの先駆者チーム「iTeachers」を結成。NPO法人 iTeachers Academy 理事・事務局長。著書に『iPad教育活用 7つの秘訣』『iPad教育活用 7つの秘訣2』

​キャリア・実績

■ 経歴

1998    明治大学経営学部 卒業

1998    武蔵野銀行 入行

1999    株式会社俊英館 入社

2004    同社マーケティング部 部長に就任

2008    同社システム管理者 兼任

2011    俊英館でiPad導入開始

2013    iPad教育活用7つの秘訣 出版

2013    iTeachers 結成

2015    iTeachers TV 開始

2018    iPad教育活用7つの秘訣2 出版

■ 講演・研修実績

第4回 教育ITソリューションEXPO

第7回 教育ITソリューションEXPO

e-Learning Awards 2014 フォーラム(e-Learning Initiative Japan)

Apple Store Ginzaイベント(Apple)

Apple Store Shibuyaイベント(Apple)

イーラニングコンソシアム カンファレンス

デジタル教育現場に差別化を見出せ! 教育機関におけるICTとの向き合い方(マイナビ)

次世代classフォーラム(教育産業)

スマートデバイスACADEMIA(名古屋教育ソリューションズ)

次世代メディア研究会(一般社団法人 全国専門学校経営研究会)

伊那市教育シンポジウム「あしたの学校」

MacZoo 2014(大塚商会)

​主な研修テーマ
「教育ICTで失敗しないための“3つのステップ”」
​ジャンル:ICT導入、iPad
​研修形式:講演

他塾に先駆けてiPadを授業に導入した進学塾の俊英館。生徒1人1台にとらわれず、まずは先生がふだんの授業の中で板書代わりに使うことで、授業の効率化、先生の負担減、生徒の学力向上につながっています。「iPadを数台入れてはみたけれど、どう使っていいかわからない…」という教育機関が多い中、俊英館ではなぜ5年間使い続けることができたのか。教育ICTに精通した導入責任者が5年間の経験をもとに、失敗しないタブレット導入の秘訣を語ります。

「教育現場で使えるiPadアプリ講座」
​ジャンル:アプリ活用、iPad
​研修形式:ワークショップ

「学校でiPadを導入したけれど、どう使っていいかわからない」そんな声は少なくありません。教育現場でiPadをうまく活用していくためには、授業内外で活用できるアプリを見つけることが不可欠です。本セミナーでは、自ら講師としての経験もあり、iPad×教育をテーマにした国内発の書籍「iPad教育活用 7つの秘訣」の著者でもある講師が、教育現場で使える厳選したiPadアプリを紹介。実際に教育現場で使われている事例を交えながら、iPadを活用した授業のアイデアやヒントをお伝えします。

「教育現場 iPad活用最前線 ~先駆者に聞く、教育ICTの秘訣~」
​ジャンル:実践事例、iPad導入
​研修形式:講演

2010年5月の日本発売以来、教育現場での活用の可能性が叫ばれ続けてきたiPad。早くから1人1台環境を実現した学校では、導入から5年を超え、あたかも文房具と同じように使われています。本セミナーでは、袖ヶ浦高校や広尾学園など、iPadを導入し成果をあげている教育機関の最新事例を紹介。実際に授業で使われているアプリやその活用方法、そして現場の声にフォーカスすることで、これからの教育ICTのあり方を考えていきます。

​<研修料・講師料のめやす>
​45分 30,000円〜 (交通費・宿泊費別途)
学校規程に準じて費用でご相談させていただきます

​研修内容や形式など、事前に打ち合わせにて調整させていただきます。「こんなワークショップをしてほしい」などリクエストがありましたら、ぜひご相談ください。